FC2ブログ
TOP > 米食品医薬品局
 ← ブーツ | TOP | AJCC

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


米食品医薬品局 

2008年01月29日 ()

安心!?食べ物情報 Food Review 429
体細胞クローン技術で作り出した牛、豚、ヤギとその子孫について、食品としての安全性を検討していた米食品医薬品局(FDA) は15日、「肉、乳製品とも従来の家畜と変わりがない」とする最終評価を発表した。 これを受け、農務省は今後、クローン食品 ...(続きを読む)

米食品医薬品局
米食品医薬品局患者らが服用したかぜ薬の原料として「グリセリン」と表示があったが、パナマ政府の依頼で米食品医薬品局(FDA)が調査したところ、医薬品には使えない、ジエチレングリコールが含まれていたことが判明した。 ...(続きを読む)

市販の風邪薬は2歳未満に使うべきではない。
米食品医薬品局(FDA)は17日、医師の処方なしに買える風邪薬やせき止め薬は、2歳未満の乳幼児に使うべきでないとの勧告を発表した。 小児を対象にした臨床試験が不十分で、効果も安全性も確認されていないことが理由。米国の風邪薬に含まれる ...(続きを読む)


クローン食品、食卓へ?
日経ビジネス オンライン
米食品医薬品局(FDA)は7年にわたりデータを検討した結果、「クローン動物から生産された食品が安全でないという証拠は見つからなかった」とする報告書を発表した。 ...(続きを読む)


J&Jの10-12月期は9.5%増益、主力製品の特許失効で前途多難か
日本経済新聞
米食品医薬品局(FDA)は最近、抗アレルギー薬「ジルテック」を店頭(OTC)販売することを承認した。ジルテックはJ&Jが買収で販売権利を得た製品。 ...(続きを読む)


マグロから高水準の水銀 NYの有名すし店
USFL.COM
うちノブ・ネクスト・ドア、スシ・セキ、スシ・オブ・ガリなど世界的に有名な店を含む5店のすしから「米食品医薬品局(FDA)が市場からの撤去を命じることができる ...(続きを読む)


月経周期を伸ばすバーの経口避妊薬「シーズニーク」の米国特許が成立(バー)
知的財産・特許に関するニュース
これを受けて同社は、米食品医薬品局(FDA)に対して医療用医薬品品質情報集「オレンジブック」への登録を申請した。 シーズニークは、同社の同系薬「シーズネール」の ...(続きを読む)



バターとマーガリン、身体にいいのはどちらか教えて下さい。
バターとマーガリン、身体にいいのはどちらか教えて下さい。(続きを読む)

中国産には要注意ですね!?
中国産には要注意ですね!?「中国製品」深まる疑念 「咳止め薬」「練り歯磨き」 騒動に拍車6月6日8時34分配信 フジサンケイ ビジネスアイ 国際社会が批判を強める中国製の医薬品や食品の安全性問題で、胡錦濤政権の後手に回った対処や責任回避、反論姿勢が混乱に拍車をかけている。パナマで中国産原料の含まれた咳((せき)止めシロップで100人以上が死亡した事件で、中国はパナマ側に責任があると主張。また、米食品医薬品局(FDA)が中国製練り歯磨きの米国への持ち込みを禁じ、消費者に使用中止を警告した問題では、「非科学的」と米側に反論するなど“逆ギレ”も起こしている。(河崎真澄) 英字紙チャイナ・デーリーによると、同検疫総局は、4月に中国から米国に輸出された低品質食品のうち、56%以上が米品質ガイドラインを満たさない違法品だったとの調査結果を公表した。 また、上海市食品薬品監督管理局は先月末、同市で違法な製薬会社3社が見つかり、偽薬を生産していたとして摘発している。このほかにも製薬会社から巨額の賄賂(わいろ)を受け取り、偽薬を認可した前国家食品薬品監督管理局長に先月、死刑判決を下すなど、一罰百戒で対処する姿勢もみせた。 共産党機関紙、人民日報は、胡政権が「民衆の健康と生命の保護」を重視する、と強調した。 ≪隠蔽や癒着体質≫ ただ、中国では中央政権がいくら安全対策を指示し厳罰を与えても、悪質な業界と癒着する地方幹部は順守せず、偽薬や無許可食品などが横行するケースも多い。食品薬品監督管理局のトップ自らが腐敗に手を染めるなど監督メカニズムは機能しなかった。結局、拝金主義に染まった中国国内の勢力が、安価な製品を求める海外の企業に、品質に問題のある薬品・食品の輸出を続けるという危険な構図が野放しになっているのが現実だ。 2003年に広東省が感染源となって東アジアなど世界各地で流行した新型肺炎(SARS)など、生命にかかわる情報はいまだ中国では隠蔽(いんぺい)される体質がある。胡政権内部でも国際社会の批判に敏感で危機感を持つ勢力と、医薬品や食品産業で官民で、既得権益を握る癒着勢力がせめぎあっている可能性もある。 最終更新:6月6日8時34分(続きを読む)

寝ても寝ても目の下のクマがとれません…。
寝ても寝ても目の下のクマがとれません…。中学に入ってからずっとあるのですがどれだけ寝てもクマがとれません。鏡でよく見ると目元に軽いシワが………自分の顔が嫌になっちゃいます。クマは何が原因なのでしょうか?どうやったらとれるでしょうか?できる方はそのやり方・方法も教えてくれませんか?(続きを読む)


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.01.29(Tue) 17:36] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← ブーツ | TOP | AJCC

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。